女性管理職(リーダー)のための「部下キャリア・モチベーション指導研修」

女性管理職(リーダー)のための 「部下キャリア・モチベーション指導研修」
イメージ 1
先日、一般公開講座で女性管理職・リーダー層を対象にした部下指導スキルの研修を行いました。その後、受講されました女性管理職の方から弊社あてに感謝状を頂戴いたしました。ご自身の今後のキャリア・デザインを含め、部下指導における多くの『気付き』を得られたようでとても嬉しいお便りです。

※女性管理職対象「部下キャリア・モチベーション指導研修」
 想定される効果について
1.自分の役割とリーダーシップスタイルを確認
本研修では、自分が管理職・リーダーという立場で、組織と自分にとってどのような価値があるのかを考えます。
そして、自分の特徴・傾向の把握や、これまでのキャリア・経験の棚卸しを踏まえ、自分らしさを活かしたリーダーシップのスタイルを確認できます。
また、「リーダー像はひとつではない」と認識することで、ロールモデルの不在による不安を和らげることができます。
2.管理職・リーダーに必要なマネジメントスキルを習得
特に女性リーダーがマネジメントを行う上で不安を抱えることの多い「論理的思考力」「決断力・判断力」などのスキルに加えて、不安やストレスを抱えながらも安定したパフォーマンスを発揮するための「安定力」といったテーマを組み込むことで、女性リーダーが活躍するための基礎力を養うことが可能です。
女性活躍推進法が2016年4月に施行され、多くの企業や自治体で女性の管理職・リーダー職を増やそうと動き始めています。
これから多くの女性が管理職や組織のリーダーに登用されるでしょう。
それに伴い、多くの女性にとって女性管理職のロールモデルとなる先輩や上司が不在であるため、今後のキャリア・パスにどう向き合い、ワーク・ライフ・バランスをいかに実践していくかという不安を抱える事が多くなると思います。

女性社員を対象にした「管理職を目指す研修」でよくお聞きする話ですが、仕事と育児を両立させていくうちに自然と管理職への道は考えなくなった方が多くいらっしゃいます。
大事なのは、単に数合わせで女性を管理職に登用するのではなくて、きちんと育成していくことが求められていると思います。
特に女性の場合は、自身のライフ・イベントによって長いスパンのキャリアを描くことが難しいため、入社後の早い段階よりワーク・ライフ・バランスを念頭においた管理職へのキャリア・パスを策定する「キャリア育成指導」が必要と考えます。

イメージ 2

※本研修を自社にて実施、導入をご検討されておられる経営者の皆様、人事ご担当の皆様、自社の課題解決に向けてカスタマイズした研修プログラムをご提供いたします。ご予算、実施日等、ご相談に応じますのでお気軽に弊社公式ホームメージまでお問い合わせください。

アチーブ人財育成株式会社
http://www.achieve-hrd.co.jp/contact/

ページトップへ