中堅社員のためのモチベーション・キャリア研修のご紹介

イメージ 1
「今の中堅・若手社員は真面目に仕事に取り組んでいますが、自分から率先して行動したり、手を挙げることが少ないんです」と企業の人事ご担当者様からのご相談が最近増えて来ています。
以前では、率先して動かないのは権限が委譲されていないから、という意見も多くありました。
ですので、もっと権限を与えて仕事を任せてしまうことにより、やる気も出てくるのだと。しかしながら、現在では、それは彼らのやる気をそぎますし、実状に合っていません。「責任回避」をしてしまうからです。
つまり、権限は欲しくないのです。
それに伴う責任を背負いたくないからです。
真面目に上からの指示はしっかりこなすのですが、それ以上は率先してはしないのです。
したがって、育成する上司にとっては、何か物足りないですし、おとなしいという評価になってしまいます。
大事なのは、責任とか権限を持たせるのではなく、彼らに「行動してみること、自分からチャレンジしてみること」なのです。
つまりは仕事に挑戦していくことが楽しいものだ、ということに気付かせることが重要です。
人より目立つと責任をとらなくてはいけない、真面目にしていればいい、という現状では仕事を楽しめないし、先もつまらない。
しかしながら、主体性を発揮して、挑戦することで能力が開花していくし、何よりも充実した毎日が過ごせる。ということを研修で諭していきます。
まずは、周囲が励ましながら、挑戦する体質にしていくワークショップを多く取り入れた自己啓発推進の研修が必要です。
イメージ 2
※当研修を自社で導入をご検討の企業、地方自治体様はお気軽に弊社公式ホームページまでお問い合わせください。
アチーブ人財育成株式会社
http://www.achieve-hrd.co.jp/

ページトップへ