アチーブ人財育成株式会社

◆アチーブ人財育成株式会社 創立

弊社は平成27年7月1日よりアチーブ人財育成株式会社を創立いたしました。
また、同時にNPO法人フィンランド式人材育成研究所も認可設立いたしました。
これもひとえに日頃よりの皆様方のご厚情とご支援の賜物と心より感謝申し上げる次第でございます。
このたびの株式会社設立を機に 社員一同さらなる精励を誓い社業発展を期し、皆様のご要望に誠心誠意お応えできるよう努力いたす所存です。
何卒なお一層のご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。      

平成27年7月1日
アチーブ人財育成株式会社 
代表取締役社長 諌山 敏明
NPO法人フィンランド式人材育成研究所
理事長       諌山 敏明

◆アチーブ人財育成株式会社【公式HP掲載用/新ロゴ英字】

http://www.achieve-hrd.co.jp/

アチーブ人財育成/公式ホームページの画面

これからの時代は、ますます「個人の時代」になってきます。
SNSやブログなどで個人の発信力が増し、それらを繋ぐ世界的なネットワークも急速に発達して来ています。

海外旅行者も昔のようにツアー会社を通じて旅行せず、個人でインターネットを使いながら自由に海外旅行できる時代となりました。
このような時代になって、国や自治体、企業や大学・学校などの組織の力が相対的に弱まっていくのは不可避でしょう。
国や地方自治体、企業、大学や学校を頼らず、自分の力で生き抜いていく時代が来たのです。
また、人工知能(AI)に仕事を取られないようにしなければならないという厳しい時代がやってきますが、見方を変えれば「チャンス」といえます。これからの未来は、自分に得意分野があり、実績を積み実力さえあれば自分の人生を自由に「キャリア・デザイン」できる時代なのす。

 
 
イメージ 4
昔は上司の言ったことを、口答えせずに確実にやれば成功するという時代でした。上司の指示で方向性に「正解」があったのです。しかし、今は「正解」はひとつではないのです。また、真面目に仕事をして結果を出しても自分の「キャリア・デザイン」は準備してくれません。

これからの自分の「キャリア・デザイン」は自分に考え、自分で決めて行動する主体性と創造性が必要になってきます。いかに先を読み、情報を集め、正しく自分で判断・分析をし、決断して実行することが求めれてくることは確実でしょう。

2008年に初めて日本にスマートフォンが導入されました。
この時に生まれた人が大学の新卒採用で入社してくるのは2030年です。大学入試のセンター試験も2020年で終わります。
イメージ 1

この「スマホ世代」の人たちは自分でわからないことはすぐに答えを調べる「検索力」はあるものの、自分で考える習慣がないと言われています。

わからないことは全部グーグルが教えてくれる環境で育っています。固定電話も自宅にはないので「非通知」の電話には出ません。
ノート型パソコンのキーボードのブラインドタッチは苦手で、メモも学生時代に取った経験がないでしょう。
このようなスマホ世代がどんどん入社してきます。

ますます自分の頭で考えず、答えを教えて欲しい、失敗は嫌だと上司の指示を待ち、上司が逐一関わってくれないと不平不満をもってメンタルヘルスダウンを起こす。 「1対1」で育った電話コミュニケーション世代の上司が、「1対多数」のスマホコミュニケーション世代を育成・教育していかなければならない時代となりました。

これからは、上司と部下が一緒になってどう結果を出すか、部下をどうやって主体性を発揮させ、自ら考え行動して成長させていくかを考えることが上司の仕事となるでしょう。それには部下の強みが何かを上司が理解することが大事です。
これまでは弱みを改善することに集中するのが上司の仕事でしたが、得意でないことが強みに変わることはあまりありません。無気力な社員の半数は自分に合っていない仕事に就いていることがリテンション(職場定着)できない原因にもなっています。

自分の得意分野が発揮できる仕事に変えることで「リテンション・マネジメント」が成功することになります。

イメージ 2
わたしたちが目指すこれからの未来に必要な「人財教育」のコンセプトは、こんな時代が到来することを先取りし、「情報処理力」と「人間力」を高めた研修プログラムを開発して、子どもや高校生、大学生から社会人教育まで一貫した「人財育成プログラム」を提供しております。具体的には「アクティブ・ラーニング(能動的学修)」のフィンランド式教育メソッドを活用し、気付き、問題解決、体験、グループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワークなどを実施して、受講学修者の認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図ります。

※企業、大学、地方自治体官公庁様で自社内研修実施をご検討されておられる人事ご担当者様は弊社公式ホームページまでお気軽にお問い合わせください。
http://www.achieve-hrd.co.jp/

 

お問い合わせ・御見積りはこちらから

ページトップへ