アチーブ人財育成の「新入社員フォローアップ研修」

イメージ 1
新入社員が入社し、半年が過ぎる10月以降、フォローアップ研修を開催する企業が多くなります。昨年社会人になったばかりの人であれば、新入社員が今どのような気持ちでいるかおおよその想像がつくでしょう。
しかし、社会人経験のキャリアが長くなると、「新入社員の気持ちが分からない」「自分とのギャップを感じる」といった声が聞こえてきます。
新入社員の上司の管理職の皆さんはいかがでしょうか?組織で仕事をすることの目的は、1人では到底できない志や目標を多人数でお互いの個性を生かし合い、補い合いながら成し遂げることです。
個別の人間関係で悩む人も、組織全体としてみたときにフォローする姿勢が伝われば、元気になるかもしれません。
 
この時期は、会社や仕事に慣れてきて、入社当時の緊張感もやや薄れ、現状に対する不満や問題意識が芽生える頃です。また一方で、新たな部署への配属、社内外の人との接点も増えていく時期といえます。
 
そこでまず、ビジネスパーソンとして、現状の自己課題を整理し、新たな目標の設定させることで各自のモチベーションを高めることが必要です。
そして、その目標を達成するためにも、円滑なコミュニケーションを図る力が求められます。
弊社では、入社6ヶ月~1年目の社員を対象に、様々な業態のクライアント様に下記のようなプログラムをご提供しております。
①「現状の課題を整理し、解決策を考える」と言うテーマでのグループディスカッション
・同僚の仕事上の課題を共有することで、自己の成長度に気づく。
・グループワークの過程で、論理的思考の手順も体得を図る
②自分自身の仕事に対する興味・価値観を知り自社での将来の姿を描き、アクションプランを立てる
・目先の問題だけに捉われず、キャリア視点で自己の将来像(目標)が見えてくる
③コミュニケーションの重要性とポイントを学び、対人スキルを身につける。
・社内外の人間関係が円滑になり、生産性の向上が図れる。
※自社にて新入社員を対象にしたモチベーション再燃のための「フォローアップ研修」。上記は2日間のプログラムですが、内容、日数等はご要望に応じて企画提案させていただきます。経営者の皆様、人事ご担当の皆様、自社にマッチしたプログラムやご予算もご相談に応じますのでお気軽に下記公式ホームページまでお問い合わせくださいませ。
アチーブ人財育成株式会社
http://www.achieve-hrd.co.jp/contact/
イメージ 2
TOPICS トピックス「今年の新入社員はどんな印象ですか?」
 
※管理職研修におきまして自社の新入社員についてどう思うかアンケートを実施しました。「今年の新人の第一印象はどんなものですか?」
●まじめ
・与えられた仕事にまじめに取り組むが、もうちょっと余裕がほしい
●おとなしい
・こちらが話しかけないと、緊張して話せない様子だったから
●指示待ちタイプか?
・自発的に質問やあいさつをしない。
・自分で役に立たないとわかれば勉強しない
・マニュアル通りの人間が多い
・指示待ち人間で、自分の意見をいえない感じ

ページトップへ